家具・空間コーディネート 建築・空間デザイン 食堂 ギャラリー デザインオフィス オンラインショップ
 
 

しっかり食事をとりたいダイニング。
ゆったりとリラックスしたいリビング。
集中して作業したいワークデスク。

そこで何をしたいか、どんな場所にしたいかで椅子の座面の高さは変わってきます。
また、それに伴ってテーブルの高さも変わります。

 

その@ ダイニングの高さ

 

 

ダイニングテーブルの標準的な高さは70cm前後です。テーブルの高さは、椅子の高さを基準に考えます。
椅子の座面とテーブルの甲板面との高さの差を差尺といいますが、
食事のときに、食べやすい姿勢を保つための差尺は、座高の1/3より2〜3cm差し引いた寸法が目安になります。
大体27cm〜30cmくらいと考えましょう。

 
 

 

そのA リビングの高さ

 

 

 

リビングテーブルは使う用途によって高さや大きさを決めましょう。部屋の大きさとのバランスや、ソファに対しての割合等を考えることがポイントです。
ソファの前に置くメインのセンターテーブルの高さは、38cm前後が目安となります。
飲み物を置いたり、ちょっとした書き物をの際には、ソファの座面の高さと同じくらいか、もしくは少し高くすると動き易くなります。

リビングの空間を広く見せる為にはテーブルの高さを20cm前後とあえて低くすると効果的です。
しかし、動作をする時は前屈みの姿勢になるので、ソファの肘掛けの高さに近い高さのサイドテーブルを一緒に置くと便利です。

また、ソファを使わずにリビングテーブルでお食事をする場合は高さとして30〜40cm程度がおすすめです。
座布団の厚み等によっては姿勢が窮屈になることもあるので、天板との距離も考えて選びましょう。
 

 

そのB リビングとダイニングをあわせ持ったLDmix

 

 

ダイニングチェアよりも座面高さを少し下げると、ソファに座るようなゆったりとした姿勢をとる事が出来ます。
ポイントは固めの座面にすること。柔らかい座面は身体が沈み込み、寝転がる様にリラックスする際にはいいけれど、食事をとりたい時には不向きです。

椅子ではなく、座面が低いソファにすることでくつろぎと開放感が。少し固めの座面にすることで身体に負担がかからず、しっかりと食事がとれます。
何よりもリビングとダイニングを1つの空間にすることで、空いた空間を収納や趣味のスペースに活用する事が出来ますよ。


 

そのC 床に近い、茶の間スタイルのLDmix

 

 

ご存知の通り、日本人は室内では靴を脱ぎ床に直接座る「床座」の生活様式を永く続けてきました。
その永い歴史の中で日本人が床に座った状態でいかに心地よい空間にするかを考え、試行錯誤の中完成した和室は、もちろん心地いいに決まっています。
さらに床座だからこそ、脚を伸ばしたり、あぐらをかいたり、自由に様々な姿勢でくつろぐ事ができますよね。

日本人のDNAに刻み込まれた茶の間の高さの暮らしも良いかもしれません。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

家族構成や、一人一人の趣味嗜好によって、テーブルと椅子の高さは変わってきます。
自分はどんな高さが好きなのかなぁ〜と家具屋さんで色々座ってみて下さいね。
 
       
LDmixが気になる   Diningが気になる   椅子が気になる   ソファが気になる   天板が気になる
                 
HPトップへ→   Online Shopトップへ→   hikosen styleについて   Shopへのアクセス   納品事例掲載してます
                 
 
 
 
 
copyright (C) hikosen style All rights reserved.