家具・空間コーディネート 建築・空間デザイン 食堂 ギャラリー デザインオフィス オンラインショップ
 

 

2018年7月のおすすめ

Boun-boo SH385(BR×Bランクファブリック)


 

 

今月おすすめするのは、竹の特性を活かした椅子「Boun-boo」です。

竹材(bamboo)を布で連結することで、十分な強度を持たせながら、竹の弾性(bounce)を活かした椅子です。布内部の竹材1本1本が身体に沿ってしなやかに動き、その心地よさはハンモックに身体を委ねるようです。

 

 

この椅子の一番の特徴は、10本の竹材と、それらを左右方向に等間隔にひとつずつ収納・連結できるポケットを持つカバーで構成される背もたれです。

これにより普段は地面に対し垂直に延びる背もたれが凛とした佇まいを感じさせ、使用時は竹材の弾性と、それを収納・連結した背もたれによって、もたれかかれば、身体の動きに合わせ、背もたれの面全体で身体をつつみ込むような優しい座り心地を実現しました。(特許取得済)

 

 

シンプルで独創的なフォルムの背もたれは、使用時にのみリクライニングする機能性があります。この背もたれの機能により、設置面積を幅61p×奥行き59pと非常にコンパクトに収めることが可能となり、省スペースでもインテリア性・機能性を損なわず、快適にお過ごしいただけます。

重さ約6kg。パーソナルチェアとしては軽量なBoun-booは女性でも持ち運べます。リビングや書斎など、家の中で長く過ごす場所で快適にお使いいただけます。

 

 

ベース後方にもたれかかった際に竹材の折れ防止ためのストッパーはがあります。これにより安心して背もたれに身体を委ねることができます。

また椅子を引き出す時に便利な引手としてや、簡易的に洋服やブランケットをかけることが出来ます。使いたい時にはすぐ手に取れ、使用していない時でも見た目をすっきりと保てます。通常の椅子のように背もたれにかけた洋服やブランケットの上からもたれかかった時の汚れや傷みを気にすることはありません。

 

 

竹材と布の背は、ボルトや工具を使わずに簡単に組み立てが可能です。木材を主材としたベース後方にあるスリットに背もたれとなるカバーを挟み込み、カバー内ののポケットに竹材を差し込んでいくだけで完成です。もちろん取り外しも可能なので傷んできたら、交換もできます。

 

 

本体スペック

商品名:Boun-boo SH385
サイズ:幅610o×奥行590o×高さ1125o
    座面高385o/アーム高さ:前方630o 後方658o
木部 :ホワイトアッシュ(ウレタン塗装仕上げ)
張地 :アクリル70% ウール30%
金額 :105,000円(税抜)

※その他の生地でもお選びいただけます。
※生地によって価格が異なりますのでご了承ください。

Boun-booが気になる方はこちらよりおすすみ下さい。

 

 

今月のおすすめ商品はいかがでしたでしょうか?

みなさま、ひとりひとり好きな色、落ち着く柄、欠かせないこだわりなどは違います。そんな十人十色の暮らしのカタチの実例の一部を、飛行船スタイルショップスタッフがピックアップしたものを、ここでは少し掘り下げながらお伝えできればと思っております。

それではみなさま、また来月のおすすめ商品の更新を楽しみに。

 

 


 
copyright (C) hikosen style All rights reserved.