大阪・京町堀・肥後橋の家具屋・インテリアショップ 飛行船スタイルの1人掛けソファ「コ助」

 
 
 
 
家具・空間コーディネート 建築・空間デザイン 食堂 ギャラリー デザインオフィス オンラインショップ

 

 

コ助ラウンジチェア

ゆったりなのにコンパクトな1人掛けソファ
30分以上同じ姿勢を保つと血液循環が悪くなり、疲れてしまいます。「人間工学」に「運動学」を取り入れ、「動く」ことの大切さに着目し、座りながら姿勢をフレキシブルに動かすことで、身体を心地よく柔軟にサポートします。

  定番4色
パーソナルケアソファ:ナチュラル×ブラウン パーソナルケアソファ:ナチュラル×ブラウン パーソナルケアソファ:ナチュラル×ブラウン パーソナルケアソファ:ナチュラル×ブラウン

コ助ラウンジチェア
(ナチュラル×ダークブラウン)
83,600円(税込)
W630×D630×H650 (SH380
)

コ助ラウンジチェア
(ブラウン×キャメル)
83,600円(税込)
W630×D630×H650 (SH380)
コ助ラウンジチェア
(ブラウン×ダークブラウン)
83,600円(税込)
W630×D630×H650 (SH380
)
コ助ラウンジチェア
(ナチュラル×キャメル)
83,600円(税込)
W630×D630×H650 (SH380)

  「人間工学」に「運動学」を取り入れたケアソファ
どんなに座り心地の良い椅子でも、30分以上同じ姿勢を保つと血液循環が悪くなり、疲れてしまいます。 そこで、このコ助ラウンジチェアは、「人間工学」に「運動学」を取り入れ、「動く」ことの大切さに着目し、 座りながら姿勢をフレキシブルに動かすことができることで、身体を心地よく柔軟にサポートします。
設置面積は約63p×63pとコンパクトで、座面は約55p×60pとゆったりと快適に座れる広めの設計。円弧状の背もたれによって身体を 左右どちらにもフレキシブルに動かせ、身体を心地よくサポートします。背と肘かけを支える部材が座面の後ろ寄りに あることで前側に十分なスペースがうまれ、 足を左右に大きく動かすことができ、座面の上であぐらをかくこともできます。
 

 

立ち上がり易い手すりと、立ち座りしやすい座面高さ


コ助ソファは立ち座りをしっかりサポートできる長さのアームと、脚を床に楽におろせ立ち座りが楽な座面高25cmでしたが、コ助ラウンジチェアは、さらに立ち座りをしやすいよう日本人人体寸法データ(日本工業標準調査会調べ)の膝下寸法を元に、 座面高さを38pにしております。小柄な女性でも足が地面に着く座面高なので、足腰が不自由な方の立ち座りをサポートしてくれる優しいデザインとなっております。座面は後ろに傾斜しているので、お尻が前にずれることなく腰をしっかりサポートしてくれるので長時間座っていても疲れません。

 

  和・洋どちらの空間にも調和
洋の空間に調和する座椅子はほとんどありません。なぜでしょう? それは、床座=和室という既成概念があるからではないでしょうか。 昔から床座を好む日本人。洋の空間であっても床座で暮らす今の暮らしにあった座椅子のデザインにしました。 また、腰痛持ちの年配の方のための介護椅子として、育児の際の授乳椅子としてケアチェアの機能を持ちながら、和・洋どちらのインテリアにも調和するスタンダードでシンプルなデザインにしました。
 
copyright (C) hikosen style All rights reserved.