家具・空間コーディネート 建築・空間デザイン 食堂 ギャラリー デザインオフィス オンラインショップ

 


 

 

TOP

0.始まり
 
住まいづくり

1.LDK
2.お風呂場・脱衣所・洗面
 
店づくり

3.商品陳列エリア
4.キッチンカウンター
5.ソファエリア
6.土間・板間
7.焙煎機
8.外構
9.看板
10.F・C・R フォント
11.金魚ちょうちんブレンド
12.アラカ農園
13.暮らしのおとも・感謝の気持ち
14.ミルクコーヒーのもと
15.その他グッズ
 
かおづくり

16.かおづくりワークショップ
17.かおのインテリア
18.藤山さんちのかお

←焙煎機

看板→

 

緑の導線に誘われて。

 

 

建物の東側・南側は植栽されており、緑の導線となっています。道路から一歩足を踏み入れればたちまち緑が広がり、少 し進むと店内のどこからでも見れる中庭には大きな紅葉の木があり、皆さまをお出迎え。さらに南側に抜けると空の青と 田んぼと木々の緑のとても美しい景色が広がります。東に隣接するyoume マート( スーパー) からも店内やお店の気配が 感じられるよう木製のフェンスの高さを抑えるとともに雑木庭に誘われて、買い物帰りに立ち寄っていただけるように設 計しました。天気の良い日には濡れ縁に座り、緑に囲まれながらコーヒーで一服するのも良いですね。この庭の落ち葉や 木の実を使って1年に1回かおづくりワークショップが出来ればいいなと思います。
 

 

デザインこばなし「マロニエの木」
南側の緑の中にはまだ小さなマロニエの木が... この木にはある想いが込められ ています。2016 年5 月に藤山さんご夫婦が独立して故郷でコーヒー屋さんを 始めるというお話を伺った時に、店内では大橋トリオのBGM が流れていまし た。そのBGM を聞いた藤山さんが大橋トリオが好きと話してくれました。その 時に、私たちのお店を選んでくれたのは、インテリアだけでなく、その空間を 構成する音楽も気に入っていただけたのかなと感じました。その後にどんな店 にしようか考えていた時に店内に紅の豚のBGM「時には昔の話を」が流れまし た。その時に夢や希望を持って「やってやるぞ!」というマルコと藤山さん夫 婦の姿がリンクしました。そこから「時には昔の話を」の歌詞に登場するマロ ニエの木を提案してみたところ、なんと藤山さん夫婦もジブリ好きだったので す!何がデザインのポイントになるかわからないモノですね。5 年後・10 年後・ 何十年後も同じ時間を過ごした人との想い出の場所になったらと想いをこめて、この木を植えました。マロニエの木の成長をみなさんで見守ってください。

 

 

 

 

 

←焙煎機 看板→
 
copyright (C) hikosen style All rights reserved.