家具・空間コーディネート 建築・空間デザイン 食堂 ギャラリー デザインオフィス オンラインショップ

 

 

LDmix / リビング・ダイニング兼用セット

  リビングダイニング兼用
 
 
 

LDmix とは?


 


それはリビングとダイニングを合わせたライフスタイルのことです。

通常のダイニングセット(テーブル高さ約72p・椅子座面高さ約42p)より目線高さ下げる(テーブル高さ約64p・椅子座面高さ38p)ことで、ダイニングにいる感覚でテレビを見ながら寛ぎながら団欒したり、 通常のリビングソファに比べて座面を硬めにつくってあいるので座った時に沈み込み過ぎず、リビングにいる感覚で、ゆったりと食事を楽しめたり、お子様の勉強やお父さんの仕事をちょっとするにも最適です。

LDmixは、テーブル高さと・ソファの座面高さの関係性を見直し、最適な座面の硬さを考え抜いた、ダイニングとリビングの中間でありながら双方の良いとこ取りしている欲張りセットになっているわけです。つまりはこのセット一つあれば、そこに家族や親戚がみんな集まり場所になり、長時間でも快適にお過ごしいただけます。

またリビングとダイニングを一緒にするメリットが2つあります。 1つ目はリビングセットとダイニングセットを置いてしまうと少し窮屈になってしまうマンションなどのコンパクトなスペースであっても、LDmix1つがあれば広々と快適にお過ごしいただける点。
2つ目はLDmixにすると空間にゆとりが生まれ空間を有効活用できる点。例えば「キッチンにカウンターを付けた簡易的なカフェスペース」「子どもが遊ぶためのキッズスペース」など必要に応じて変化させることができます。

LDmixにすることで、スペースの活用次第で様々な暮らしのスタイルに変化します。

   
 

 

 

リビングダイニング兼用

 

リビングダイニング兼用

 

Border Sofa×HAJIKKOのダイニング
リビングダイニング兼用LDmix&ミニダイニング


 

Border Sofa×HAJIKKOテーブル
リビングダイニング兼用LDmix


リビングとダイニングを兼用する事によってうまれたスペースにミニダイニングを設けました。忙しい朝の食事や、子どもの勉強、ホームパーティでのサブテーブルにも活躍します。

 

リビングダイニング兼用セットでゆったりと食事。HAJIKKOテーブルとデニム地のソファとお揃いの生地で照明を。カジュアルで楽しい空間に。

 
 



  リビングダイニング兼用

 

Standard Sofa×吉野杉のテーブル
リビングダイニング兼用LDmix


 

HAJIKKO Sofa×HAJIKKOテーブル
リビングダイニング兼用LDmix


オリジナル色の自然オイルで仕上げた、吉野の200年杉のテーブルは、個性的なファブリックとも良い相性です。コンパクトなリビングダイニング兼用セットでお家カフェスタイル。

ピンクをアクセントにしたHAJIKKOのテーブルに合わせて、ソファの背板もHAJIKKOに。ライトブルーのシートがよく似合います。

 

 
 



リビングダイニング兼用   リビングダイニング兼用

 

Border Sofa×突板のテーブル
リビングダイニング兼用LDmix


 

Standard Sofa×HAJIKKOテーブル
リビングダイニング兼用LDmix


グリーン(ミモザ色)の張り地にブラウンの木枠とウォールナット(突板)のテーブルで落ち着いた和のテイスト。

 

白の張り地とナチュラルの木枠で控えめのソファにアクセントのHAJIKKOのテーブルが相性抜群。対面式にすれば、お互いの顔がよく見えて会話の楽しい食卓重視の空間に。

 
 



リビングダイニング兼用   リビングダイニング兼用

 

Standard Sofa×吉野杉のテーブル
リビングダイニング兼用LDmix


 

コ助&Border Sofa×突板のテーブル
茶の間型リビングダイニング兼用LDmix


シックな印象の黒の張り地にナチュラルの木枠と杉のテーブルで、緊張しすぎない柔らかな印象に。杉無垢材の天板といえば重厚なイメージになりがちですが、オリジナル色の自然オイルで塗装し、カジュアルにも良く合うよう仕上げています。

 

お気に入りのアニマル柄と赤い張り地でツートーンのソファに。ファブリックや木枠の選び方次第で洋間にもお使いいただけます。

 
 



リビングダイニング兼用   リビングダイニング兼用

 

コ助&Border Sofa×吉野杉の段差テーブル
リビングダイニング兼用LDmix&段差型テーブルのセット


 

 

表情豊かな吉野杉の天板にブラウンの木枠をあわせて落ち着いたナチュラルモダンに。

 

 

 
copyright (C) hikosen style All rights reserved.