家具・空間コーディネート 建築・空間デザイン 食堂 ギャラリー デザインオフィス オンラインショップ
 
 

ダイニングテーブルのサイズは間取りや空間によっては特に慎重に決めたいですね。
場合によっては5cmのサイズの違いが日々の暮らしやすさに大きく影響します。

 

その@ 欲しいサイズをしっかり吟味

 

 

まずは、欲しいテーブルのサイズを決めましょう!
食事をする時に最低限必要な一人分のスペースは幅60cm奥行き40cmです。脚のデザインによって変わりますがテーブルの天板サイズの目安は以上のようになります。

 
 

 

キッチンが近くにあることが多いダイニングテーブルの周りは人が通ることが多いです。
その周りの環境によってもテーブルの大きさは決まりますし、このテーブル周りの寸法関係によって日々の暮らしやすさが決まります。
以上のことを検討してサイズを導き出した時、自分の欲しいデザインや素材のテーブルが運良く既製品のサイズにピッタリならばいいのですが、
なかなかそうはいかないものです・・・。
 

 

そのA 暮らし方からも、欲しいサイズがみえてきます

 

 
4人掛けダイニングセット   庭を眺めながら、カフェ風ダイニング

 

 

ダイニングテーブルはリビングダイニングでみんなが集う中心的な場所です。
食事をしやすいダイニングテーブルととチェアはその他の作業もしやすいので、ダイニングは食事のための場所とは決め付けず、
趣味や仕事をする等、その空間でどのように過ごしたいかを考えて、ダイニングテーブルのサイズを決めましょう。

例えば、普段は一人だけれど、趣味の本をたくさん広げて作業をしたい場合は思い切って大きめのサイズにしてみては?
一人では大きなテーブルでの食事が寂しく感じてしまうのではと思われるかもしれませんが、
奥行きを80cm程度にすると奥に対して間延びした感じはなく横のゆったりとした広がりだけを感じることができます。
この奥行きのサイズも5cmの違いで感じ方が変わってしまうので、自分にピッタリのサイズにサイズオーダーすることをおすすめします!
 

 

そのB 欲しいサイズをオーダー

 

 

 

オーダーと聞くと価格が高いのでは?と思われている人も多いと思います。
飛行船スタイルでは一部の商品を除いて自由にサイズオーダーできるように幅180cmまでを3段階に分けて価格を設定しています。
詳しくはコチラ⇒


 

 

copyright (C) hikosen style All rights reserved.